京都府内の「元気な商店街づくり」のサポーターです!商店街創生センターにまずはご相談ください。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
MENU
商店街イベント

2018/09/05

平成30年9月5日(水曜日)『京都商店街創生フォーラム2018』を開催します!

京都商店街創生フォーラム2018

-商店街の新たな動きを知り、商店街をテーマにつながる機会-

 京都府内には約300もの商店街があります。ただその大半が店主の高齢化や顧客減少、事務局機能や経済基盤の脆弱化などの課題を抱え、活性化に向けた一歩を踏み出せずにいます。
 今回、初開催となる本企画では、京都内外の新たな動きを知り、商店街同士や商店街と若者や事業者がつながることで、その一歩へのヒントを掴んでいただくことと、商店街の在り方を考える機会になればと考えております。


1 日時 平成30年9月5日(水曜日)14:30~17:30(受付 14:00~)


2 場所 メルパルク京都 6階 会議室C


3 内容

 第1部:基調講演「宮崎県日南市・油津商店街の再生からみる地方創生の新しいかたち」

  講師 木藤亮太氏 (株式会社ホーホゥ代表取締役、元日南市テナントミックスサポートマネージャー)

  

 宮崎県日南市が実施した全国公募により333人の中から選ばれ、2013年より“猫さえ歩かない”と言われた油津商店街の再生事業に取り組み、約4年で25を超える新規出店、企業誘致等を実現。「2016年はばたく商店街30選(経済産業省)」を受賞。現在は自らが育った福岡県那珂川町の「事業間連携専門官」に着任、株式会社ホーホゥ代表取締役を務める。

 第2部:トークセッション「京都で頑張る商店街からみる活性化のヒント」

 地域連携や組織改革、事業づくりなど新たな動きをスタートしている三つの商店街の方々をゲストに迎え、その現状やこれからについてお話をお伺いします。

  小長谷建氏 (くすぐるカード会会長(与謝野町))
  鈴木淳之氏 (古川町商店街副理事長(京都市)、白川まちづくり会社副社長)
  林定信氏 (セブン商店会会長(長岡京市))

    

 第3部:ネットワークセッション「若者・事業者によるプレゼンテーションや活動報告」

 商店街と連携してイベント企画やサービス展開をしていたり、今後事業づくりができそうな若者や事業者によるプレゼンと参加者同士が交わる仕掛けを考えています。
 当日はこの場から新たな取組がはじまることを楽しみにしています。


4 定員 200名(事前申込優先/先着順)


5 申込方法

【申込先】京都府府民総合案内・相談センター

【申込締切】9月3日(月曜日)17時まで

申込フォーム https://bit.ly/2APVIa5

【電話・ファックス、電子メールの場合】
必要事項(お名前、ご職業(所属)、ご連絡先、ご住所)をお伝えください。

電話 075-411-5000(平日9:00~17:00)
ファックス 075-411-5001
メール 411-5000@pref.kyoto.lg.jp(件名に「京都商店街創生フォーラム2018」とご記入ください。)

 

 ※商店街創生センターFacebookページの「イベントページ」からも申込可能です。
  詳しくはFacebookページをご覧ください。

  →京都・商店街創生センターFacebookページ


 

魅力紹介 MORE

赤レンガをバックにコスプレ姿を撮影
2019/05/01
【第34号】アニメコンテンツで、人を呼び込む仕掛づくり|東舞鶴商店街連盟×特定非営利活動法人MCA
「艦これ」イベントと連携して 2019年2月10日(日)、赤れんがパークを中心に舞鶴の街が、多くの来訪者で賑わいました。 誘引したのはシュミレーションゲーム「艦 […]詳細はこちら
ライター
Hiroko.K
地域
中丹
1時間に1本の電車で向かう笠置町。笠置時間があるという。のんびり電車を待つ、ゆとりの時間でしょうか。
2019/03/28
【第33号】京都府最南端 人口1,300人強の小さな町。地域資源を活かして盛り上げたい!|笠置まちづくり株式会社
  笠置町は、京都府の南の端、奈良県、三重県に隣接した人口1,327人の小さな町。高齢化率は50%を超え、まさに過疎化・高齢化が進む地域です。(201 […]詳細はこちら
ライター
Satoko.T
2019/02/19
【第32号】活性化の原動力は、スピード感あるチームワーク|福知山フロント株式会社(福知山市)
JR福知山駅の正面に位置する「福知山駅正面通り」で、『福知山フロント株式会社』(以下「フロント」と記載)が、空き店舗を活用したテナントミックス事業等で活躍されて […]詳細はこちら
ライター
R.Egusa
地域
中丹
江戸時代は城下町。その趣を残す通りにマッチした、古くて新しい「赤尾漢方薬局」と薬膳喫茶「悠々」
2018/12/11
【第31号】個性的な個店が人を呼ぶ |大本通り商店街(綾部市)
綾部で町屋を見つけた!  綾部といえば、二つのキーワードがある「グンゼ」と「大本」だ。この二つを西町アイタウンと大本通り商店街が繋いでいる。江戸時代には城下町と […]詳細はこちら
ライター
Hiroko.K
地域
中丹