京都府内の「元気な商店街づくり」のサポーターです!商店街創生センターにまずはご相談ください。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
MENU
商店街イベント

2018/09/05

平成30年9月5日(水曜日)『京都商店街創生フォーラム2018』を開催します!

京都商店街創生フォーラム2018

-商店街の新たな動きを知り、商店街をテーマにつながる機会-

 京都府内には約300もの商店街があります。ただその大半が店主の高齢化や顧客減少、事務局機能や経済基盤の脆弱化などの課題を抱え、活性化に向けた一歩を踏み出せずにいます。
 今回、初開催となる本企画では、京都内外の新たな動きを知り、商店街同士や商店街と若者や事業者がつながることで、その一歩へのヒントを掴んでいただくことと、商店街の在り方を考える機会になればと考えております。


1 日時 平成30年9月5日(水曜日)14:30~17:30(受付 14:00~)


2 場所 メルパルク京都 6階 会議室C


3 内容

 第1部:基調講演「宮崎県日南市・油津商店街の再生からみる地方創生の新しいかたち」

  講師 木藤亮太氏 (株式会社ホーホゥ代表取締役、元日南市テナントミックスサポートマネージャー)

 第2部:トークセッション「京都で頑張る商店街からみる活性化のヒント」

  地域連携や組織改革、事業づくりなど新たな動きをスタートしている三つの商店街の方々をゲストに迎え、その現状やこれからについてお話をお伺いします。

  小長谷建氏 (くすぐるカード会会長(与謝野町))
  鈴木淳之氏 (古川町商店街副理事長(京都市)、白川まちづくり会社副社長)
  林定信氏 (セブン商店会会長(長岡京市))

 第3部:ネットワークセッション「若者・事業者によるプレゼンテーションや活動報告」

  商店街と連携してイベント企画やサービス展開をしていたり、今後事業づくりができそうな若者や事業者によるプレゼンと参加者同士が交わる仕掛けを考えています。
  当日はこの場から新たな取組がはじまることを楽しみにしています。


4 定員 200名(事前申込優先/先着順)


5 申込方法

 9月3日(月曜日)17時までに、電話またはファックス、電子メールにより、必要事項(お名前、ご職業(所属)、ご連絡先、ご住所)をお伝えください。

 メールの場合は件名に「京都商店街創生フォーラム2018」とご記入ください。

 【申込先】京都府府民総合案内・相談センター

  電話 075-411-5000(平日9:00~17:00)
  ファックス 075-411-5001
  メール 411-5000@pref.kyoto.lg.jp

 

 ※商店街創生センターFacebookページの「イベントページ」からも申込可能です。
  詳しくはFacebookページをご覧ください。

  →京都・商店街創生センターFacebookページ


 

魅力紹介 MORE

宮津市魚屋通りにて。(左から)山小舎:川﨑裕子さん/田上酒店:彦坂昭治さん/磯野開化堂:磯野修一さん
2018/07/24
【第29号】地元ネットワークの力が活きる★出る芽応援する目|魚屋栄伸会(宮津市)
お客様との対話から新商品を生み出す/磯野開化堂:磯野修一さん 「いつでもどうぞ」、気さくにウェルカム。そんなオーラが漂う磯野さんに惹かれてふらりと中へ。茶箱が並 […]詳細はこちら
ライター
R.Egusa
地域
丹後
2018/07/02
【第28号】商店街創生センターFacebookページ企画「商店街イケメン選手権」エントリーイケメン一挙紹介!
商店街創生センターFacebookページでの商店街PR権をかけて、今年の3月に開催した「商店街イケメン選手権」。  3週間に渡り、京都府内の商店街で活躍する8名 […]詳細はこちら
地域
京都市, 乙訓, 山城, 南丹, 中丹, 丹後
前を通るといい匂いが・・・。髙孫商店は昔ながらの鰹ぶしやさん。お店の前で、髙本正弘さんと奥さまの千尋さん
2018/06/08
【第27号】店にはお宝がいっぱい、博物館のような商店街を訪ねました |竹屋商店会(舞鶴市)
竹屋町の昔と今 西舞鶴市街地中央部にある竹屋商店会。昔から高野川の水運を利用して、湊町として城下町の交易・商業の中心となって栄えたところ。 舞鶴が引き上げ者によ […]詳細はこちら
ライター
Hiroko.K
地域
中丹
2018/04/13
【第26号】若者と地域をむすぶ老舗昆布屋店主と考えた、これからの商店街のカタチ。|中書島繁栄会
  伏見のまちと中書島繁栄会。 京都市伏見区は、戦国時代に豊臣秀吉の桃山城下町として栄え、江戸時代末期には坂本龍馬が襲撃された「寺田屋事件」が起こるな […]詳細はこちら
ライター
Anna Namikawa
地域
京都市