京都府内の「元気な商店街づくり」のサポーターです!商店街創生センターにまずはご相談ください。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
MENU
開設の趣旨

開設の趣旨

京都府内には、約300の商店街がありますが、そのうち京都市の都心部や観光地を除く多くの商店街では、少子高齢化の進展やライフスタイルの変化等により、顧客減少やシャッター化が進展し、事務局機能や経済基盤が脆弱な商店街では、活性化事業に取り組むことも困難な状況にあります。

このため、商店街の実情に応じた、よりきめ細かな支援を行うことで、自力では事業実施が困難な、厳しい環境下の商店街等に対する支援を強化するため、官民一体により「商店街創生センター」を開設しました。

センターでは、職員が積極的に商店街に出向いて、商店街の現状やニーズをお伺いし、人や財源等の資源が厳しく、「何とかしたい」という思いがあっても一歩を踏み出せない商店街の皆様が、目標を持って、少しでも前に踏み出せるよう、ご一緒に取り組んでいきたいと考えています。

また、外部の人材や団体と商店街とをつなぎ、内側からでは気付かない新鮮な発想で、商店街の強みを活かした取り組みを行うことなどにより、来街者の増加など目に見える成果を生み出したいと考えています。

こうしたことを通じて、1つでも多くの商店街が元気になり、さらに、商店街を核に、地域が元気になることを目指していきます。

ロゴについて

重層的な商店街の構造を支援する

どんなに小さくても、重層的な構造を築き上げてきた商店街。商店街創生センターでは、時代の流れとともに消費者の足が遠のく商店街の現状を調査し、縦や横(近隣の商店街や大学)といった繋がりを作り出すことで、新たな商店街の在り方を築くためのきっかけづくりを支援していきたいという想いが込められています。

魅力紹介 MORE

1時間に1本の電車で向かう笠置町。笠置時間があるという。のんびり電車を待つ、ゆとりの時間でしょうか。
2019/03/28
【第33号】京都府最南端 人口1,300人強の小さな町。地域資源を活かして盛り上げたい!|笠置まちづくり株式会社
  笠置町は、京都府の南の端、奈良県、三重県に隣接した人口1,327人の小さな町。高齢化率は50%を超え、まさに過疎化・高齢化が進む地域です。(201 […]詳細はこちら
ライター
Satoko.T
2019/02/19
【第32号】活性化の原動力は、スピード感あるチームワーク|福知山フロント株式会社(福知山市)
JR福知山駅の正面に位置する「福知山駅正面通り」で、『福知山フロント株式会社』(以下「フロント」と記載)が、空き店舗を活用したテナントミックス事業等で活躍されて […]詳細はこちら
ライター
R.Egusa
地域
中丹
江戸時代は城下町。その趣を残す通りにマッチした、古くて新しい「赤尾漢方薬局」と薬膳喫茶「悠々」
2018/12/11
【第31号】個性的な個店が人を呼ぶ |大本通り商店街(綾部市)
綾部で町屋を見つけた!  綾部といえば、二つのキーワードがある「グンゼ」と「大本」だ。この二つを西町アイタウンと大本通り商店街が繋いでいる。江戸時代には城下町と […]詳細はこちら
ライター
Hiroko.K
地域
中丹
2018/11/22
【イベントレポート】京都商店街創生フォーラムが開催されました(後編)
>>前編では、宮崎県日南市の「油津(あぶらつ)商店街」再生事業に取り組んだ、木藤亮太氏の基調講演「宮崎県日南市・油津商店街の再生からみる地方創生の新 […]詳細はこちら
ライター
Anna Namikawa